*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『スキャンダラスな夜』
スキャンダラスな夜 (ハーレクイン・クラシックス)スキャンダラスな夜 (ハーレクイン・クラシックス)
(2010/05)
ミランダ・リー

商品詳細を見る


本の裏に載っているあらすじを読んで選んだんだけど、ちょっと勘違いしちゃいました。「玄関に現れた彼の姿を見て、ハリエットは唖然とした。くたびれた服、長く伸びた髪、無精ひげ・・・。これが、あのブラッド・バリントンなの。」この部分を読んで、きっとヒーローは精神的、若しくは肉体的に病んでしまって、都会から田舎に隠遁しようとしているんだって。そんでもってヒロインの大きな愛でヒーローの深い傷を癒してあげてハッピーエンドかしらって…。違ったし。

ヒロインがガッツリ痛手をこうむっております。婚約者を実の妹に奪われ、女としての自信を失い、殻に閉じこもっている26歳でバージンのヒロイン。そんなヒロインに自分は女としての魅力があるんだってことをわからせようとするヒーロー。だからってなにも自分がロストバージンさせなくてもねぇ。まぁ、ヒロインに惹かれてたからそうなったんだろうけど。そのおかげでだんだん女としての自信を取り戻していくヒロイン。その後は、はじめからヒーローには恋愛感情抜きって釘を刺されての愛人関係。先が読めますが、ヒロインはヒーローを愛してしまいます。
ヒーローも過去に心に痛手を負っており、女性と深く付き合えない。でもやっぱりハーレクイン、ヒーローもヒロインを愛しちゃうわけです。そこに妹やら元婚約者が現れて・・・。

家族愛とかも絡んでるお話でした。私的にはラスト前のヒロインがヒーローに愛してるって言葉を言わせるためにわざと嘘をついて、その言葉にうろたえるヒーロー。萌えます。
嫉妬心バリバリの感情を出してるときのヒーローって大好物です。

お気に入り度★★★図書館
<あらすじ>
ハリエットの父が有名な作家ブラッド・バリントンを夕食に招いた。不動産業を営む父の仲介でブラッドが古い農家を買ったという。しかも都会の華やかな生活を捨て、彼はその家に越してきた。大金持ちのベストセラー作家が、なぜ?ハリエットはテレビでインタビューに答える彼を見たことがある。ブラッドの知性と笑顔の魅力に、彼女は画面に釘づけになった。その作家が、今夜わたしの家にやってくる!彼のような男性が興味を持ってくれるはずがないとわかっていても、ハリエットは念入りに身支度をした。玄関に現れた彼の姿を見て、ハリエットは唖然とした。くたびれた服、長く伸びた髪、無精ひげ・・・。これが、あのブラッド・バリントンなの?
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★★★ 図書館 ハーレクイン・クラシックス

Secret
(非公開コメント:受付中)

インフォメーション
☆『目を開けてキスして』感想掲載
5/11

☆『初恋にさよなら』感想掲載
5/10
いま何時?
プロフィール

れさぽん

Author:れさぽん
ロマンス小説が大好きで読書記録のつもりでブログを始めたばかりです。
温かい目で見守っていただけたらうれしいです。

上の画像はイラストレーターの小林さゆりさんの作品です(#^.^#)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログのカテゴリ
FC2カウンター
れさぽんタグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウントアップです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。