*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『奪われたキス』
奪われたキス (二見文庫 イ 2-1 ザ・ミステリ・コレクション)奪われたキス (二見文庫 イ 2-1 ザ・ミステリ・コレクション)
(2008/03/25)
スーザン・イーノック

商品詳細を見る


この作品のタイトル『奪われたキス』と裏表紙のあらすじを読んで、勝手に内容を推測しちゃってた。
“氷の女王”ってあだ名のヒロインが、ヒーローを公衆の面前でコケにしたもんだから、ヒーロー怒ってヒロインにキスしちゃって醜聞に巻き込まれて仕方なく結婚しちゃって・・・みたいな。

ちがうじゃ~ん(自分勝手な私

このヒーロー、なんておばかオチャメさんなんだろう
ヒロインの屋敷で求婚者である公爵が発作を起こして事切れたときに、ヒロインの窮地を救うために考えたことは、まぁ、わかるとしても、ナニもハダカ(きゃっ)にしなくても・・・
ヒロインにしようとした仕打ちに腹が立って、ちょっとした報復をしたにしても・・・やり過ぎってもんです。

読んだ私としては、大爆笑でしたけど

さてヒロインですが、母親がスキャンダルをおこしてしまったもんだから、父親と伯母から母親のようにはなるな!!って厳しく育てられちゃって、父親に認めてもらおうとお家再建のために画策する父親の言いつけを従順に守っているんです。
お家再建には娘がかなりの家柄の人と結婚する必要があるって思ってる父親は、ヒロインに求婚者がいっぱいいるにもかかわらず、もっといい獲物(爵位の高い男性)を獲得しようとしてるの。
娘は商品じゃないっつうの
しかも、既成事実として老いぼれ公爵と結婚させようと、ヒドイ計画立ててさ
なんて父親なの

クールダウン、クールダウンっと

ヒーローが“悪名高きならず者”っていうのも、過去の出来事があってから。
でもヒロインに一目で心を奪われちゃったもんだから、悪者にはなり切れないんだよね。
最初はコケにされた腹いせに“ヒロインをなんとしても誘惑してみせる”なんて誓っていても、結局はヒロインを助けるし、ヒロインの情報を掴もうとして近づいたヒロイン兄のことも、結局はヒロインを悲しませたくなくて助けちゃう。もともとは良い人なのよね

このヒロイン兄も最初は青二才って感じで頼りなかったけど、だんだん成長して賢くなっている。
これもヒーローのおかげ

ちょっとしたサスペンスの後で、ヒーローが自分はヒロインにはふさわしくないって身を引こうとするんだけど、ラストでヒロインがそんなヒーローの紳士的な態度を崩そうとして誘惑した後に、ヒーローから愛の告白を聞いて言ったヒロインのお茶目なセリフがツボ

『もうあなたは破滅よ。私たちがこの部屋に入ったところを、誰かに見られたはずだもの。私と結婚しないと、ほかに誰もあなたと結婚してくれる人はいないわよ』

もう、萌え萌えです

お気に入り度★★★ (図書館

<あらすじ>
19世紀英国。社交界デビューを果たした子爵令嬢リリスは、ある舞踏会で悪名高きならず者・ダンズバリー侯爵から挨拶を受ける。失墜した家名回復のために名誉ある結婚を望み、“氷の女王”と呼ばれるリリスはそんな彼を冷たく拒絶する。だがその後も行く先々に現われては熱い視線で見つめ、甘い誘惑の言葉をささやくダンズバリーに、苛立ちながらも戸惑いを隠せない。そのうえ家族の留守中にトラブルに巻き込まれ、醜聞を避けるためやむなく彼に助けを求めることになるが…。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★★★ 図書館 二見文庫

Secret
(非公開コメント:受付中)

インフォメーション
☆『目を開けてキスして』感想掲載
5/11

☆『初恋にさよなら』感想掲載
5/10
いま何時?
プロフィール

れさぽん

Author:れさぽん
ロマンス小説が大好きで読書記録のつもりでブログを始めたばかりです。
温かい目で見守っていただけたらうれしいです。

上の画像はイラストレーターの小林さゆりさんの作品です(#^.^#)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログのカテゴリ
FC2カウンター
れさぽんタグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウントアップです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。