*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『瞳をとじれば』
瞳をとじれば (ライムブックス ジ1-2)瞳をとじれば (ライムブックス ジ1-2)
(2008/02/10)
エロイザ・ジェームズ

商品詳細を見る


こちらの作品は『エセックス姉妹シリーズ』四部作の一作目だそうで・・・
知らずに図書館から借りて読み始めてすぐにヒロインが四姉妹ってことで、しかも、その四姉妹がそれぞれ個性的なキャラ設定だったので、気になってネットで検索してみて気づきました。

そのとき、もうひとつ気づいたことがあるんだけど、この『瞳をとじれば』がエセックス姉妹シリーズの一作目なのに、ナゼか二作目の『見つめあうたび』のほうが先に出版されてるんだね。

う~ん、ナゼだ

チラホラとこういう事があるらしいんだけど、出版関係の事情に詳しくないので何とも言えませんが、読者としてはシリーズ物の出版は順番通りにしてほしいものです。

今回はシリーズ四作ともすべて出版されたあとだったし、シリーズ物だって知らずにこの作品を選んだわけだから、支障はないんだけどね

さて、個性的なキャラのこのエセックス姉妹。貧乏貴族である競馬狂の父親が莫大な借金を残して亡くなったことから、それぞれの性格に何らかの影響を受けております。
しっかり者の典型的な長女。超美人で自信家&現実的な次女。美人でロマンチストな三女。最後にちょっと太めな賢い四女。

キャラ設定がしっかりしているからか“結婚”についての姉妹の会話のやり取りがリアルっぽかったです。

今回は、しっかり者の長女がヒロイン。
父親の死後、競馬仲間である富豪の公爵が後見人になったことで迷惑はかけられないと結婚を決意するの。
条件は何と言ってもお金と爵位を持っている人。どうしても後に続く妹達の未来(結婚)のためには、それなりの社交界との繋がりが必要って事で。

ヒーロー、彼はホントに素敵な人でした。家族に認められないながらも実業家として成功し、諦めきれずに家族の愛を求めている、ちょっと陰のあるヒーロー。しかも有能でホントに頼りになる男性。

初めて会った時からお互いに意識し合うんだけど、ヒロインは長女の義務として結婚相手を決めようとしているところだったので、タイミングわる~い

ちょっと頑なまでに、長女としての責任を全うしようとするところがあるんだけど、冷静に判断できる母性愛の強いヒロインには好感が持てました。

裏表紙のあらすじのとおり、求婚者があらわれて結婚しようとするんだけど、式当日に花婿が逃げ出しちゃった為にヒーローが結婚を申し込むの。醜聞を避けるためとか言っちゃってるけどヒーロー、ヒロインにメロメロです。読んでいてニヤニヤしちゃった

ある出来事があって、妹のひとりが妬み・嫉妬という“人間の弱さ”をさらけ出す場面があるんだけど、気持ちはわかるんだけどね~ 姉妹シリーズって事は彼女もヒロインになる作品があるわけでしょ。その作品読むかどうかためらっちゃうぐらい、好感度でした。
そんな風に思っちゃうくらい、この作家さんが人間の弱さ・脆さというものをよく理解して書かれていたって事でしょうか。

この作品は、ヒーロー&ヒロインのロマンスと“家族愛”をテーマに書かれているようです。
母親代わりでもあったヒロインに対する妹の拒絶。ヒーローの両親との不仲も切ないです。とくにヒーローの屋敷の描写で、どれだけ家庭や家族の愛に飢えていたのかがわかるの。
ロマンス部分よりも、そっちのほうが読んでいて切なかったな。

さてヒーローと、ヒロインの後見人・求婚者である伯爵は寄宿学校時代からの友人だそうで、この二人がそれぞれシリーズのヒーローとして出てくるそうです。
個人的には、後見人の公爵がものすご~く気になるところ。これまた気になる四女とのロマンスらしいんだけど、シリーズを順番に読もうか、それとも飛ばしてコッチを先に読んじゃおうか、悩んじゃます

私ったらものすごい勘違い 後見人公爵がヒーローの作品『まばたきを交わすとき』のヒロインは四女じゃなくて、三女だったのね
ってことは、私のものすご~く気になるカレと、私がこの人どうなのって思ってるカノジョが、ヒーロー&ヒロインってコト
うぅ、読みたいし、読みたくない・・・
あぁ、最悪。自分の馬鹿さ加減を爆破

一応念のため『エセックス姉妹シリーズ』
     dkher1-2.gif 『瞳をとじれば』 長女 & ルーシャス(実業家)
     dkher1-2.gif 『見つめあうたび』 次女 & アードモア伯爵(スコットランド人)
     dkher1-2.gif 『まばたきを交わすとき』 三女 & ホルブルック公爵(姉妹の後見人)
     dkher1-2.gif 『恋のめまい』 四女 & メイン伯爵(長女の元婚約者)

お気に入り度★★★ (図書館)
<あらすじ>
19世紀初頭。貧乏貴族の娘テスは、両親の死後、長女としての義務を目の前につきつけられる―さっさといい結婚相手を見つけること。そうすれば妹たちにも、ちゃんとした嫁ぎ先を見つけてあげられる。いまは後見人の公爵家に、肩身の狭い思いで身を寄せている身分なのだから。けれど、ようやく上流貴族である伯爵との結婚を決意したというのに、式当日に花婿が姿をくらましてしまった!途方に暮れるテスに、花婿の友人として責任を果たす、という理由でプロポーズしてきたルーシャス。彼は英国一の資産家と噂されるが、放蕩者と悪名高い男。できることなら避けたい相手だったのに、なぜか想いは乱れて…そしてルーシャスのほんとうの心は!?『見つめあうたび』の感動を再び!ウィットに富んだ繊細な筆致が冴える傑作。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★★★ 図書館 ライムブックス

Secret
(非公開コメント:受付中)

インフォメーション
☆『目を開けてキスして』感想掲載
5/11

☆『初恋にさよなら』感想掲載
5/10
いま何時?
プロフィール

れさぽん

Author:れさぽん
ロマンス小説が大好きで読書記録のつもりでブログを始めたばかりです。
温かい目で見守っていただけたらうれしいです。

上の画像はイラストレーターの小林さゆりさんの作品です(#^.^#)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログのカテゴリ
FC2カウンター
れさぽんタグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウントアップです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。