*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『嵐の予感』
嵐の予感 (ランダムハウス講談社文庫)嵐の予感 (ランダムハウス講談社文庫)
(2005/11/13)
ヘザー・ローウェル

商品詳細を見る



なかなか面白かったです♪

殺人事件を目撃して怪我で記憶喪失になったヒロインは、今までの日常を一変させられ精神的に追い詰められながらもとっても強い女性でした。

そんなヒロインに一目ボレしてしまった刑事のヒーローも、目撃証人であるヒロインに対して一線を超えないように抗いながらもわかりやすいくらい嫉妬心むき出しなところがなんとも萌え萌え♪ 

ヒロイン友人やヒーローの相棒で従兄弟もとても素敵なキャラで彼女たちのスピンとかあったら読みたいな~。

最後、ヒロインが犯人をやっつける場面は気分爽快でございました^m^

余談ですが、たまにこういう連続殺人犯とか猟奇的な犯人が登場する作品で、刑事が犯人の思い描いてる世界の事を言うとき「彼のアタマのなかのファンタジー・・・」って表現してるんだけど、「ファンタジー」って・笑

なんか「ファンタジー」ってイメージがなんとも合わないっていうか・・・。

あ、でもそういう犯人たちが思い描いている世界ってば、犯人にしてみれば自分にとってすごく都合の良いステキな世界なんだから、「ファンタジー」で良いのかwwwナットク┐(´-`)┌

お気に入り度★★★★(所有本)
<あらすじ>
鼓動が一瞬止まった。ふたたび稲妻が光ったとき、死体のそばに立つ男の残忍な笑みが見えた…。目を覚ました病院で自分が連続殺人の目撃者だと聞かされたとき、クレアの記憶は消えていた。自分が何から逃げていたのか、どこで怪我をしたのか。ワシントン市警の刑事ショーンが、事件解決まで彼女を護衛することになったが、やがて犯人から異常な贈り物が届けられ…。超大型新人によるロマンティック・サスペンス第1弾。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ランダムハウス講談社文庫 お気に入り度★★★★ 所有本

Secret
(非公開コメント:受付中)

インフォメーション
☆『目を開けてキスして』感想掲載
5/11

☆『初恋にさよなら』感想掲載
5/10
いま何時?
プロフィール

れさぽん

Author:れさぽん
ロマンス小説が大好きで読書記録のつもりでブログを始めたばかりです。
温かい目で見守っていただけたらうれしいです。

上の画像はイラストレーターの小林さゆりさんの作品です(#^.^#)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログのカテゴリ
FC2カウンター
れさぽんタグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウントアップです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。