*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『禁じられた情熱』
今回Tさんから4冊お借りしたうちの最後の作品です♪

この作品のヒーローは『コスタ・デル・ソルにて』と『月下のシンデレラ』のヒロインたちの弟。
消えたブロンド』でも出てますね。

まず読んで思ったのが、ヒーロー、ずいぶんキャラが変わったわ~ってこと(^_^;)
わりと陽気なキャラだったハズなのにwww

よっぽどヒドイ目にあったのかしらね~^m^

それにしても元妻の正体にビックリしたわ。
てか『消えた~』で教訓ならなかったんかい(-_-;)

親族の集まりとか気まずそ~。

ヒロインったら怪我してるし記憶喪失だしってコトでちょっとサスペンスめいたお話かしらって思ったんだけど、ソッチ方面じゃなかったです。
そのかわりある意味衝撃的(ヒロインにとって)なお話。

けっこう古いほうの作品だから出版されてすぐ読んだんだったら時代的に
「えぇっ!?」ってなったかも(^_^;)


『コスタ・デル~』から20年くらいたってる設定にしてもヒーロー父が亡くなってたっていうのがちょっとショック。
すごくいいお父さんだったのに。

そして私がすごーく気になったのはヒロインが言ったセリフの「やんごとなき事情」という言葉。
「やんごとなき」って、アナタ・・・w( ̄▽ ̄;)w 
若い娘が使うかな~・・・。

お気に入り度★★★(お借りした本)
<あらすじ>
ここはどこ?見知らぬ部屋のベッドの上で彼女は目を覚ました。外はすさまじい嵐だ。海は猛り狂い、激しい雨が窓を打っている。頭がひどく痛む。私はここで何をしているの…?その時、誰かが階段を上がってくる足音に気づいた。心臓が早鐘を打ち始める。ドアをじっと見つめていると、長身の男性が入ってきた。ハンサムなのに物憂げで、冷たいまなざし。「大丈夫、僕は危険な男じゃない」男はペンリー・ヴォーンと名乗り、そこは彼の所有する島の屋敷だと言った。「君は何者だ?どうして僕の私有地に不法侵入したんだ?」彼女はペンリーを凝視し、震える声で必死に答えた。「私…自分が誰なのか、わからないんです!」。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★★★ ハーレクイン・イマージュ お借りした本

Secret
(非公開コメント:受付中)

インフォメーション
☆『目を開けてキスして』感想掲載
5/11

☆『初恋にさよなら』感想掲載
5/10
いま何時?
プロフィール

れさぽん

Author:れさぽん
ロマンス小説が大好きで読書記録のつもりでブログを始めたばかりです。
温かい目で見守っていただけたらうれしいです。

上の画像はイラストレーターの小林さゆりさんの作品です(#^.^#)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログのカテゴリ
FC2カウンター
れさぽんタグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウントアップです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。