*All archives* |  *Admin*

2017/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『誇り高き愛人』
誇り高き愛人 (ハーレクイン・ヒストリカル・ロマンス)誇り高き愛人 (ハーレクイン・ヒストリカル・ロマンス)
(2007/08)
エリザベス ロールズ

商品詳細を見る


感想は後ほど

再読です。
だいぶ前に初めて読んですごいお気に入りの一冊になったんだけど、最近になって『そういえば、コレって再読率低いよなぁ・・・お気に入りなのに・・・』って思って再読することに。

読んで再読率低いのがわかりました。
このヒロインが、まぁ可愛そうなんです
ヒロイン健気度で言ったらかなり上位になるんじゃないかってくらい。

お話の流れは記憶にあるものの、細かな描写や切ない心情やなんかがすっかり私の記憶から抜け落ちていたってワケです。

大好きな作品なのにあまりにもヒロインの苦境が切な過ぎて、次にこの本を読むのは、超切なさにドップリ浸りたいときか、心身ともに絶好調な時のどちらかでないと、精神的にムリって思ってたんだ。

現に、再読して号泣してましたから・・・

感想になるかどうかわかりませんが・・・
読んでヒロインに感情移入し過ぎてすっごい疲れました。

今度再読するときはまた数年空くんだろうな

それにしてもこのヒーロー、アホだぁ

ジャンルでいうと、‘愛人契約’からの‘愛なき結婚’ってところでしょうか。
‘愛なき結婚’っていっても最初っからヒーローはヒロインにメロメロなんですけどね



お気に入り度★★★★★(電子書籍)

☆『誇り高き愛人』のあらすじ☆

スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ハーレクイン・ヒストリカル お気に入り度★★★★★ 電子書籍

『舞い戻りし花嫁』
十九世紀の恋人たち (ハーレクイン・ヒストリカル・エクストラ)十九世紀の恋人たち (ハーレクイン・ヒストリカル・エクストラ)
(2007/03)
ニコラ コーニック、エリザベス ロールズ 他

商品詳細を見る


私がいつも利用している電子書籍さんに以前この作品(十九世紀の恋人たち)があったんですが、購入しようと思った時には無くなっていたのですごく残念に思っていました。
最近になってこの作品をバラして販売しだしたので、一番気になっている“舞い戻りし花嫁”を購入して読みました。

読み始めるまで気づかなかったんだけど、この“舞い戻りし花嫁”はたぶん三部構成のうちの三番目で、サスペンス要素も三作品ぜんぶ繋がっていたみたいで、作品中の過去の事件の内容を把握しづらかったです。

失敗
ちゃんと順番に読めばよかった

という事でこの作品が気になった方は『女相続人に求婚を』『レディの冒険』『舞い戻りし花嫁』の順番で読むことをお勧めします。

でもストーリーはすごく面白かった。
最初からヒロインを愛していたヒーローも良かったです。

策略で二人が離ればなれになって四年の歳月が流れてからの再会。

お互いがお互いを愛しながらも疑心暗鬼になっている心情も描かれていて切なさも満載。

この作品のキーワードは『信頼』でしょうか。

あぁ、ホントに残念、順番に読まなかったなんて。


お気に入り度★★★★(電子書籍)

☆『舞い戻りし花嫁』のあらすじ☆

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★★★★ 電子書籍 ハーレクイン・ヒストリカル

インフォメーション
☆『目を開けてキスして』感想掲載
5/11

☆『初恋にさよなら』感想掲載
5/10
いま何時?
プロフィール

れさぽん

Author:れさぽん
ロマンス小説が大好きで読書記録のつもりでブログを始めたばかりです。
温かい目で見守っていただけたらうれしいです。

上の画像はイラストレーターの小林さゆりさんの作品です(#^.^#)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログのカテゴリ
FC2カウンター
れさぽんタグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウントアップです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。