*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『引き潮のかなた』
引き潮のかなた (ハーレクイン・イマージュ)引き潮のかなた (ハーレクイン・イマージュ)
(1998/03)
ジェニファー・テイラー

商品詳細を見る


まぁ、イタイ話だこと。ヒーローが頑なすぎて読んでて疲れた。ダイアナ・パーマーを思い出させるほど、いやいや、ダイアナ・ヒーローを超えるほど誤解から鬼畜のようにヒロインを責めるヒーロー。何かにつけてイヤミや皮肉ばっかり言って。それなのにヒーローを愛してしまうヒロイン。読んでて思わずマゾですか?って突っ込んでしまったくらい。優しさがあるわけでもなくラストギリギリまでこんな調子で、いったいどこにヒーローに惹かれるところがあるのかわからない。ヒロインがずーっとけんか腰の作品も苦手だけど、こう、思い込みが激しくて人の話を聞かないヒーローも、苦手です。

ダイアナ作品は、ヒーローが鬼畜でもわりと再読率が高いんだけど、この作品は二度と読まないだろうなぁ。疲れるもん。
勝手に誤解して(ヒロイン妹のせいなんだけど)責めるのはどうなの?しかも弁護士なんだからきちんと調べたらヒロインに妹がいるくらいわかりそうなものだけど。
そんでもって極めつけが、なんでそんな設定を入れちゃったのっていうビミョーなサスペンス。
誤解が解けて愛してるってヒーローが言っちゃえば、あんなに玄関マットのように踏みつけにされたのに、あっさり許しちゃう。そう簡単に許すなよ~!!

なんだろう、読後感がまったくすっきりしない。っつうか、イラっとした。

お気に入り度★ (図書館)

☆『引き潮のかなた』のあらすじ☆

スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★ 図書館 ハーレクイン・イマージュ

『幸せへの扉』
幸せへの扉 (ハーレクイン・イマージュ)幸せへの扉 (ハーレクイン・イマージュ)
(1998/12)
ジェニファー・テイラー

商品詳細を見る


物語はH&Hが便宜結婚をして1年が経ったころのヒロイン兄の結婚式から始まります。それまでは別居結婚状態だったのにヒーローの態度がナゼか変わってしまって…。ナゼかって?そんなもん、ヒーローがヒロインにメタボレだからに決まってんじゃん。気づかないのはヒロインだけ。ヒロイン母が浮気を繰り返してあげくに男と出て行ってしまった過去があり、容姿が母親にそっくりだと言われて育ってきたので、自分も男にだらしない遺伝子が受け継がれているに違いないと信じているヒロイン。初夜に夫となったヒーローに欲望を感じてしまい、恐怖と嫌悪から「体の関係」抜きの結婚を宣言する。一度抱かれてしまったら、母のようにいろんな男を欲しがるようになるのかもしれないと恐れ、夫に体を許すことが出来ない。
そんな時、ヒロイン兄が多額の借金をしていることがわかり、ヒーローはそれを清算してほしかったら実際に夫婦として暮らし子供を作るように言う。戸惑うヒロイン。

ヒーローは初めてヒロインに会った時にひと目ボレ。結婚した状況が状況だっただけに、忍耐強く我慢していたらしい。そんで、自分の部下がヒロインと友人だったんだけど、その部下がだんだんヒロインに本気になっているという話を聞いて嫉妬してしまうのね。実はヒーローは結婚前にヒロイン父にヒロインへの気持ちを打ち明けていて、以前からヒーロー父と連絡を取り合い、部下の事もヒーロー父から聞いてあわててヒロインのもとにやってきたワケなんです。ヒロイン兄は結婚したばかりの妻の事を愛しているので、借金は自分で働いて返して必ず妻を迎えに行く(ハネムーン中にヒロイン兄が借金を告白したら、怒って実家に帰っちゃった)から、ヒーローには頼らないとヒロインに言う。ヒロインは今まで忍耐強く接してくれたヒーローとの間に未来があるかもしれないと思い始め、父に会いに行く。そこにはヒーローがいて、そこで初めて結ばれる。ヒロインは父親と話をして、ヒロイン母がどうして男をたくさん作った挙句家族を捨てて出て行ったのかを聞く。ヒロイン母もかわいそうな人だったのね。ヒロイン父も反省しているようだけど・・・。その話のおかげでヒロインも過去の呪縛から解き放たれて、幸せな未来を描こうとする。ただちょっとした誤解のおかげで、ヒーローがヒロインの話も聞かず出て行ってしまうの。えぇぇぇ、忍耐強いはずだったのに、なんでぇぇぇ?愛しすぎていたのかしらねぇ。
打ちひしがれるヒロイン。でもヒロインも強くなっていたんですね。そのきっかけはまたまたヒーロー部下。おかげでヒーローがいる女性立ち入り禁止のクラブに乗り込んでヒーローと対峙するの。この作品はヒーローがヒロインにひと目ボレでメロメロ感が満載。ヒロイン視点だけど、ヒールな脇役もなく安心して読めました。

お気に入り度★★★ (図書館)

☆『幸せへの扉』のあらすじ☆

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★★★ 図書館 ハーレクイン・イマージュ

インフォメーション
☆『目を開けてキスして』感想掲載
5/11

☆『初恋にさよなら』感想掲載
5/10
いま何時?
プロフィール

れさぽん

Author:れさぽん
ロマンス小説が大好きで読書記録のつもりでブログを始めたばかりです。
温かい目で見守っていただけたらうれしいです。

上の画像はイラストレーターの小林さゆりさんの作品です(#^.^#)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログのカテゴリ
FC2カウンター
れさぽんタグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウントアップです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。