*All archives* |  *Admin*

2017/03
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『恋はあせらず』
恋はあせらず (ハーレクイン・ロマンス)恋はあせらず (ハーレクイン・ロマンス)
(1998/10)
ベティ ニールズ

商品詳細を見る



ベティ~♪ 
安定感あるわ~^m^ 
タイトル通りヒーロー、あせらず行動してました・笑 
他のベティ・ヒーロー同様冷静沈着だしww 

それにしてもヒーロー伯母、なんだかとってもヒドイ人。
ヒドイ人というか、ケチでわがまま・・・?
こんな人の元で働く人たちは大変だわ~。

ワタクシには絶対務まりません(>▽<;; アセアセ

かつてお嬢様だったヒロインが何十人もの料理を作れちゃうとかいうのにはちょっと「んっ?」って思うけど、良いんです! 
ナゼならベティ作品だから~ヽ(^o^)丿

お気に入り度★★★(T図書館)

☆『恋はあせらず』のあらすじ☆

スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ハーレクイン・ロマンス お気に入り度★★★ 図書館

『聖夜に祈りを』
聖夜に祈りを (ハーレクイン・イマージュ)聖夜に祈りを (ハーレクイン・イマージュ)
(2005/12)
ベティ・ニールズ

商品詳細を見る


お気に入りの作家さん、ベティ・ニールズの作品です。
この作品を読んで思ったのが、今まで読んだベティ作品とちょっと違って、ヒーローの心情がかなり描かれているってこと。
ベティ・ヒーローは大抵なに考えてるんだかわからないままお話が進むんだけど、今回の作品はヒーローのヒロインへの想いがかなり表現されているので、ある意味、新鮮でした。

田舎育ちの世間知らずなヒロインと、ドクター・ヒーローのお話。

ヒロインの母親が、読み進めるうちに“もしかして・・・そうなのかなぁ・・・”って思っていた通り、恋をしたら盲目なのか、自分勝手な行動をし始めるの。

肉親だけに辛いよね、ヒロイン。
でも母親が幸せならって、ガマンするあたり、健気なヒロインです。

出会った時からヒロインの事を気にしだすヒーロー。
さりげなくヒロインをサポートしていきます。
もう、ベティ作品の王道ですよね。

やさしく見守りながら、ヒロインが自分を愛していることに気がつくのを待つヒーロー。

執念深いイジワル女が出てきたりして、策略をめぐらすあたりもハラハラしながら読みました。
最後、そのイジワル女性にピシっとヒーローが言って、読み手としては気分爽快です。

それにしても、ヒロイン母親と母親の再婚相手はヒドイ人だったなぁ

お気に入り度★★★★(電子書籍)

☆『聖夜に祈りを』のあらすじ☆

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : ハーレクイン・イマージュ 電子書籍 お気に入り度★★★★

『冬のウェディング』
冬のウエディング (ハーレクイン・イマージュ)冬のウエディング (ハーレクイン・イマージュ)
(2011/10/28)
ベティ・ニールズ

商品詳細を見る


大御所、ベティ・ニールズの作品、買っちゃいました。
作家さんによって、内容よりも名前だけで即買いしちゃうことが多々あるんだけど、この作家さんもそのうちの一人。

冴えない地味な容姿の家族思いのヒロインと、ヒロインのことを最初はそう思っていたのにその中身を知るにつれて宝石の原石ともいえる素晴らしい人柄にに気づくヒーローのお話。

この二人のお互いの印象は最悪です。
ヒーローがヒロインの悪口(とも言えないんだけど)をヒロイン本人が聞いてしまうんだもの。

これもベティ定番の医師と看護師のお話。

やっぱベティ作品は安心して読めるっていうか、落ち着いて読めるっていうか。

今回のヒロインは三姉妹。
結婚している姉と、美人でモデルを目指す妹がいて、ヒロインは真ん中。

このヒロインの妹がスゴイ設定なの。
姉とヒロインはちゃんとした人柄なのに対して、妹は一言でいうと“イケスカナイヤツ”

ヒロインは不細工で妹はモデルになろうと思ってるくらいの美人というこの対比。

全然関係ないし作中にも出てこなかったんだけど、ヒロイン両親の容姿はどうだったんだろう・・・って思わずにはいられなかったです。
ここまで性格も顔も違うなんて・・・。

これまた相変わらずベティ作品の特徴として、ラストのラストのほうまでヒーローの考えてることが描かれていないのでイライラさせられました。

肩すかしだったのは、いけ好かないヒロイン妹が中盤から出てこなくなったんだけど、後半読み進めながら“そろそろヒロイン妹が引っ掻き回しに来るんじゃないか”ってワクワク・ドキドキしながら思っていたら、結局そのままフェイドアウトだったこと。

その方が切なさ倍増だったような気がするんだけど。
でも血を分けたヒロインの妹を、そこまでイジワル女キャラに仕立て上げちゃイタイお話になっちゃうものね。

サクサク読了です。

お気に入り度★★★(電子書籍)

☆『冬のウェディング』のあらすじ☆

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★★★ 電子書籍 ハーレクイン・イマージュ

『地下室の令嬢』
地下室の令嬢 (ハーレクイン・クラシックス)地下室の令嬢 (ハーレクイン・クラシックス)
(2005/04)
ベティ・ニールズ

商品詳細を見る


はい、読み終わりました
何度も読んでいる作品なので、サクサクっと読むことが出来ました。

作者のベティ・ニールズは好きな作家さんのひとりなんだけど、なんともいえない穏やかな作品に魅せられちゃっています。
派手さのない、オーソドックスな作風も魅力なんでしょうか。

結構、オランダが舞台ってのが多いですよね。ヒーローがオランダ人とか。
あと、今回の作品は違うけどヒロインが看護師っていうのも多い。ヒーローが医者とか(今回もそう)

ベティ・ニールズは確か看護師の経験があったから、その経験をもとに医療の世界を取り入れた作品が多いのかしら。

この作品のテーマは“便宜結婚”もの。

もともと割と裕福な家の令嬢だったヒロインは、両親が事故死して以来お金も住む家もなくなって、自立しようと田舎からロンドンに病院の住み込みの管理人の職を得てやってきます。

タイトルの“地下室”っていうのは、病院の管理人住居のこと。
窓から通りを歩く人の足が見えるって書かれてあったから、半地下かな。

その病院に勤務しているヒーロー。ヒロインと初対面を果たした時から(多分その前から)ヒロインの事を管理人にふさわしくないって思います。
接する度に、“彼女はあんな寂しい管理人部屋に一人でいるべきではない。誰か夫を彼女に見つけてあげるべきだ”って思うんです。

そこでヒーロー、ひらめいた
自分はもう恋をするようなこともないだろうが、妻は必要だろう。彼女の容姿は何とでもなるし、穏やかで率直な性格もいい。医者の妻にピッタリじゃないか。なので自分が彼女と結婚しよう。

言い回しは置いといて、こんな感じの理由からヒーロー、ヒロインに結婚を申し込んで結婚。

ヒロインがヒーローと初めて会ってから、その度ごとのヒーローの印象を飼い猫に話して聞かせるところが微笑ましかったな。
いやなヤツ的な印象から結構優しいのねって印象が変わっていくあたり、だんだんヒロインがヒーローを意識しだしてるのがわかる

結婚後、ヒロインはヒーローに恥をかかさないために、一生懸命医者の妻として健気に頑張るんだけど、そこにイジワル女が登場。

自己中なイジワル女なんだけど、ヒーローの態度もどうかと思うよ。
初めてこの作品を読んだときは、“なんなんだ、このヒーローはっ”って思ったなぁ。

今回は再読だからね

ヒロインが誤解して二人の気持ちがすれ違うんだけど、この意地悪女の出現のおかげで、お互いの相手への想いに気づくのよ。

誤解も解けてハッピーエンド
なによりもラストのヒーローのヒロインへの手紙がすごくステキでした

私もこんな手紙欲しいなぁ

お気に入り度★★★★ (電子書籍)

☆『地下室の令嬢』のあらすじ☆

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★★★★ 電子書籍 ハーレクイン・クラシックス

『いくたびも夢の途中で』
いくたびも夢の途中で (ハーレクイン・イマージュ)いくたびも夢の途中で (ハーレクイン・イマージュ)
(2011/04)
ベティ・ニールズ

商品詳細を見る


ベティの新刊出ましたベティの作品ってなんか良いんですよね。あの淡々とした感じとかが。確かにヒーローの気持ちが表現されていないから、ヒロインの窮地を救うときや愛情抜きの結婚(私の読んだベティ作品は必ずそうなの)を申し込むときなんか、読んでてどうなのなんて思っちゃうけど。
まぁ最近はそんなふうに思うこともなく、今回のヒーローはどの辺からヒロインの事を好きになっちゃったのかななんて思いながら読んでます。

で、今回は読むタイミングを間違えてしまいました。
私がベティ作品を読むときって、その前にドロドロな恋愛だったりヒロインがとんでもなく不幸な目にあったり、要するにハッピーエンドなのに読後感がずっしり重いわ~なんてときにベティ作品を選ぶわけです。以前読んだものの再読なんですけど。
重い雰囲気があの淡々とした作品で緩和されていくというか、癒されるというか・・・。

今回は、『わーい、ベティの新刊出たぁ』即購入『どうしよう、あれもこれもそれも読みたいし・・・とりあえず新刊のベティから』で、読み始める。
前の本はそこまで読後感ズッシリでもなかったし読んでから間あいちゃったりもしてたんで、なんかノリきれなかったナ。

それでもベティ作品は随時チェックして購入しちゃうんですけど。

さて、今回の作品はいつものベティヒーローとちょっと違って、嫉妬心がチラホラ見えて新鮮です
というのもヒーロー同僚のせい。艶やかな赤毛と緑の瞳を持つ美貌のヒロインをその同僚が気に入ってプロポーズしようとしたせい。でもネタバレですけど昔の恋人を今でも忘れられないヒーロー同僚がヒロインに惹かれたわけは、今でも愛しているその元恋人にそっくりな赤毛だったから。
後半その元恋人も現れて、ヒロインが仲を取り持とうと画策していたときにヒーロー嫉妬しまくり。もちろん感情が文中に書かれているわけではないけど、ヒーローの行動を読んでると嫉妬心メラメラっていうのがすごく伝わってきます。
最後の告白タイムも良かったです。お城の展示場でお互いの気持ちを確認し合って熱い抱擁をしているときにそれを目撃した係りのご婦人がもう一人の同僚と交わしている会話もホノボノとして良かったです。

読むタイミングさえ間違えなければ
今度はドロドロ系の小説の後に再読してみたいと思います。

お気に入り度★★★ (電子書籍

☆『いくたびも夢の途中で』のあらすじ☆

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★★★ 電子書籍 ハーレクイン・イマージュ

インフォメーション
☆『目を開けてキスして』感想掲載
5/11

☆『初恋にさよなら』感想掲載
5/10
いま何時?
プロフィール

れさぽん

Author:れさぽん
ロマンス小説が大好きで読書記録のつもりでブログを始めたばかりです。
温かい目で見守っていただけたらうれしいです。

上の画像はイラストレーターの小林さゆりさんの作品です(#^.^#)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログのカテゴリ
FC2カウンター
れさぽんタグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウントアップです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。