*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『情熱の烙印』
情熱の烙印 (ハーレクイン・ディザイア)情熱の烙印 (ハーレクイン・ディザイア)
(2008/02)
ナリーニ・シン

商品詳細を見る


先日のショックから立ち直っての再読です。
(10月11日の記事参照)
私にとってある意味、リベンジ再読かな

この作品、すごーく好きなんですよぉ。もう何回再読しただろう

影のあるヒーロー、大好物です。健気に頑張るヒロインも大好き。
牧場・カウボーイとかライバル女とか、もう、私の好みを全部取り入れてくれちゃったのぉ、ナリーニさんって思っちゃうほど、ど真ん中のお気に入り作品。

今は亡き愛する父との約束を守るためにヒーローと契約結婚することしたヒロイン。
ヒロインには愛している男性、幼なじみのデイモンがいます。
そしてデイモンは別の女性と結婚してしまって、手の届かない存在。

前半愛している男性を諦めてヒーローとの結婚を決めたけど、今にもデイモンのところに飛んで行きたいという心の葛藤が描かれていて、なんとも切ないです。
結婚式の最中でさえ、愛するデイモンが式に乗り込んで来ることをちょっとでも期待してしまったりして。

だからと言ってヒロインが自己チューなヤツではなくて、自分のせいでデイモンの奥さんを苦しめることはしたくないとも思っている心優しい女性です。
そして契約結婚と言えども夫の言いなりになるお人形のような妻ではなく、自分という存在を認めてもらおうと日々戦う強さも持ってる。

ヒーローは子供の頃、愛する家族を守れなかったことで後悔や裏切られた思い、愛情の執着など、色んな物を胸にしまいこんでいます。
なので愛など関係ない子供を生むだけの妻としてヒロインと契約結婚。

このヒーロー、所有欲が強くて別居中のデイモンがヒロインに会うたびに、ムキーッ

これって、嫉妬じゃないんですか、ヒーロー

ヒロインの妊娠発覚後、子供がある程度育ったら寄宿学校に入れるっていうあたり、初めて読んだときはどんなヒーローだ!!って思ってたなぁ。
何度も再読してるから、ヒーローの心情も読み取れるのよね。

この頃にはヒーローを愛してしまっているヒロイン。
心をさらけ出してくれないヒーローに一縷の望みを抱いていますが、それも潰えて自分の子供に愛情をかけない父親はいらないと家を出て行ってしまいます。

いなくなってからヒロインの存在の大切さに気付いたヒーロー。
僕には彼女が必要なんだってことですぐさま行動。

迎えに行ってすぐハッピーエンドにならないあたり、どれだけヒーローが愛に怯えているかがわかりました。
でもヒロインはすでにヒーローの事をわかっていたので、折れる形で家に戻ります。
もちろん、未来の幸福の確信を持って

エピ的なラストは、とっても良かったです。
ヒーロー、過去の悲しみは決して忘れることは出来ないけど、これからもヒロインがやさしく癒してあげるんでしょうね。

このお話は中盤まで、主導権を握ってヒロインを操作しようというヒーローと、妻というものにも人格があるのよって認めさせようとするヒロインとのバトルが繰り広げられていたんですが、こりゃぁ、もう、ヒロインの圧勝でしょう

もう一つ気になったのがヒーロー、ヒロインといたす時に後ろからの体位がお好きなようです

お気に入り度★★★★★(電子書籍)

☆『情熱の烙印』のあらすじ☆

スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★★★★★ 電子書籍 ハーレクイン・ディザイア

『忘れられた愛の記憶』
忘れられた愛の記憶 (ハーレクイン・ディザィア)忘れられた愛の記憶 (ハーレクイン・ディザィア)
(2011/07/29)
イヴォンヌ・リンゼイ

商品詳細を見る


久しぶりに読書しました
忘れちゃわないうちに感想書いちゃう


タイトルでもわかるように『記憶喪失モノ』です。
過去の読書履歴を思い返すと、私ったら『記憶喪失モノ』結構好きみたいで、よくチョイスしてるなぁ

このヒーロー、細かい描写がないもののヒロインを手に入れるまでの過程はストーカーすれすれじゃないのかしら・・・と言うのが読み始めたころの第一印象。
自分の生い立ちから、“完璧な人生”を目標に頑張ってきたヒーロー。
ヒロインをひとめ見てから自分の完璧な人生に添える“完璧な妻”は彼女しか有り得ないって思ってロックオン
いろいろ計画・根回しして彼女との結婚に成功したけど、式直後に真相がヒロインにバレて・・・。

ヒロインが記憶を失った原因の事故がちょっと衝撃的でした。
それでもヒロインに執着するあたり、愛でしょう、愛

残念なことに、ロマ本のこの手のヒーロー、大概が自分の気持ちに気づかないのよね。
今回もそう、手遅れになるまで気づかないの

ヒーローの生い立ちには確かに同情するけど、なんといってもこの物語の被害者はヒロインでしょう
出会いを計画され、恋するように仕向けられ、愛し愛されて幸せな結婚って思ったら、愛してはいないけど完璧な女主人をこなせるヒロインを選んだなんて聞かされたら、そらぁ逃げ出したくもなるってもんです

しかも記憶を失ったことでその悲劇ともいえる事実を忘れちゃったもんだから、記憶が戻った時にもう一度、というか、その時よりももっと悲しむことになるのよね

でもやっぱり、ロマ本 ハッピーエンドに向けてラストスパートなハズ。

最後にヒロインへの愛に気づいたヒーローが、ヒロインを自由にしてあげるんだけど、最初は強引に突き進むタイプだったのにラストはなんだかグダグダなキャラ・イメージになってしまって残念でした。


久しぶりの読書だったので、ちょっとヒロインへの感情移入が重かったかな。
切なさ満載でちょっと疲れた。

ベティ・ニールズの再読あたりにしとけば良かったか

お気に入り度★★★ (電子書籍)

☆『忘れられた愛の記憶』のあらすじ☆

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★★★ 電子書籍 ハーレクイン・ディザイア

『心があなたを忘れても―我が一族アネタキス〈1〉』
心があなたを忘れても―我が一族アネタキス〈1〉 (ハーレクイン・ディザイア)心があなたを忘れても―我が一族アネタキス〈1〉 (ハーレクイン・ディザイア)
(2011/03)
マヤ・バンクス

商品詳細を見る


シークレットベビーとか、記憶喪失(思いっきりネタバレ)とかのテーマで結構読んでるけど、これはちょっと今までにない展開のお話でした。
今まで読んだなかには、あれ?これって前にも似たようなの読んだことあるかも…っていうのがあったありしたけど、この作品のキーワードのひとつは『誘拐』なんです。
まぁ、サスペンス的な場面は全くと言っていいほどナイんだけど。

裏表紙のあらすじから始まり、ヒロインがヒーローを裏切っていた証拠が出てきてヒーローはヒロインを追い出す。数か月後妊娠している姿のヒロインが誘拐後警察に保護された場面をヒーローがテレビで見てヒロインのおなかの子供は自分の子供だと確信し、病院に駆けつけたらヒロインは記憶喪失になっていた…。

ヒーローは自分の子供を宿しているヒロインが記憶喪失になっていることで婚約者だと偽ってしまう。
別れた原因となったヒロインの裏切りを思い、婚約してると言いながら一定の距離を置こうとするんだけど、自覚してないけどヒロインへの想いが強いため気持ちが揺れ動くヒーロー。
そんな気まぐれなように見えるヒーローの態度に傷つきながらも、何かがおかしいと不安になるヒロイン。
ヒロインの記憶が戻ってからの苦悩ぶりが痛々しいし、ヒロインが裏切ったというのは捏造だったことがわかり反省し絶望するヒーローに涙です。
大抵読んでるとヒロインに感情移入しちゃって泣くこと多いんだけど、この物語はヒーローにも感情移入しちゃって泣いちゃいました。
最後のほうでモタモタ感があったものの、私的には久々のヒット作品です。
あー、あとアレもいただけないわね、記憶が戻って、誤解も解けたあとの二人の話し合いでのヒーローのセリフ。
『チャンスをくれ。絶対後悔はさせない。君はもう一度僕を愛するようになる。きみがくれた貴重な贈りものを、二度むげにはしない』
すごく素敵なセリフなんですけど、下線付きのセリフに注目!まぁ、傲慢だこと!!確信があったとしても、もうちょっと謙虚に言ってくれてもいいんじゃない?『僕の君への愛がどれほど深いものかを証明してみせる』とか『君への想いを信じてもらえるように一生努力しつづける』とか(*^_^*)(けっきょく私の好みの問題ですね…)

私のお気に入り要素は、ヒロインの身に降りかかった誘拐の真相を知り、裏切られていたと思っていた時のヒロインへの仕打ちを思い苦悶するヒーローの様子。やっぱりひどい仕打ちをしたヒーロー(でもこのヒーロー、そんなに鬼畜でもないんだけど)には徹底的に凹んでもらわないと(苦笑)そういう点ではこのヒーローは合格です。(私ってナニモノ?)

この作品はシリーズなので、次のヒーローはあの弟達のうちのどっちかな?楽しみです。

お気に入り度★★★★★ (電子書籍)

☆『心があなたを忘れても―我が一族アネタキス〈1〉』のあらすじ☆

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★★★★★ 電子書籍 ハーレクイン・ディザイア

インフォメーション
☆『目を開けてキスして』感想掲載
5/11

☆『初恋にさよなら』感想掲載
5/10
いま何時?
プロフィール

れさぽん

Author:れさぽん
ロマンス小説が大好きで読書記録のつもりでブログを始めたばかりです。
温かい目で見守っていただけたらうれしいです。

上の画像はイラストレーターの小林さゆりさんの作品です(#^.^#)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログのカテゴリ
FC2カウンター
れさぽんタグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウントアップです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。