*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『てのひらの星』
てのひらの星 (シルエットスペシャルエディション)てのひらの星 (シルエットスペシャルエディション)
(1989/08)
ブルック ヘイスティングス

商品詳細を見る



いつヒロインの秘密が発覚するんだろうってハラハラ。
ヒーローどんだけ罵っちゃうの~?と思ったら理解を示すヒーロー。
あれ?ちょっと拍子抜け。

大抵この流れでいくとすごく罵るヒーローが多いし、
ソレを読んだ私も大抵
「はっ?ナニ言ってんのこのオトコ!ヒロイン、こんなオトコなんて捨てちゃいなっ!!」
ってなってるんだけど、今回の‘すぐ理解するデキたヒーロー’となると
「そ、そうよね~、なんてデキたヒーローなの・・・」
とか思いつつ、いまひとつもの足りない(^_^;)

読者というのはとかく‘わがまま’なのであります。
って、ワタシだけか

それにしてもヒーロー、個人情報調べすぎ~(-_-;)
知った事実に勘ぐって最初こそ怒ってたけど、すぐヒロインの事情を理解するから、まぁ、そのヘンは許してやろう(←出た~上から目線・汗)
寛大なヒーローでありました。

ヒーロー義父や、その義父と結婚した女性がすごく良い人でした。
ヒーロー娘ももちろんいい子でヒーローと亡妻に愛されて育ったのね♪

それにしてもヒロイン父・・・ヒド過ぎ。
ヒロインを死んだことにして、偽装工作までするなんて!

亡妻をとても愛していたヒーローという苦手な設定だったけど
わりとすんなり読めました。

お気に入り度★★★(T図書館)

☆『てのひらの星』のあらすじ☆

スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : シルエット・スペシャル・エディション お気に入り度★★★ 図書館

『恋に落ちたプレイボーイ』
恋に落ちたプレイボーイ (シルエット・スペシャル・エディション)恋に落ちたプレイボーイ (シルエット・スペシャル・エディション)
(2001/11)
シェリル・ウッズ

商品詳細を見る


まずはじめに・・・

最近、本のチョイスが不振のようです。


『恋に落ちたプレイボーイ』・・・傲慢な金持ちのボンボンがとうとう恋に落ちちゃったのかしら な~んて、タイトルだけでこの作品を購入してしまった私・・・。

まさか、読後にこんなにイライラさせられるなんて思わなかったわよ

ヒロインは娘が事故にあって多額の治療費を必要としているときに、勤めていた会社から解雇されてしまうんだけど、ヒーロー父の計らいで仕事を得て娘の治療を続けさせることも出来て、ヒーロー父の会社に忠誠をつくして一生懸命働いています。
同情されたくもないし、治療を要する娘がいるシングルマザーってことで偏見も持たれたくないと、娘の存在はヒーロー父しか知りません。(しっかり口止め)

ある時2度にわたって石油掘削候補地をライバル会社に取られてしまって、ヒーロー“なんだか怪しいぞ・・・もしかして会社にスパイがいるのかも”って思っちゃいます。
時期的にヒロインが入社してからってだけでヒロインを疑うヒーロー、ハッキリ言って、バカです

もともと探偵になりたかったヒーロー、スパイを見つけて父親にその有能さを証明しようと躍起になちゃうの。

父親にそのことを話した時、止められてるのに暴走してヒロインに急接近します。

かなり強引な粘着ヒーロー


ネタバレ入りま~す

いや、解るよ、父親に証明したいってヒーローの気持ち。
秘密主義のヒロインは、周りからだってナゾな女性って思われていただろうし。

ただねぇ、接近していくうちにヒロインの事をどんどん好きになっているのに、それでもヒロインの事を疑ってるってのはどうよ。
しかも全く物的証拠なんて無いってぇのに

まぁ、百歩譲って、それでも疑っちゃうのは仕方がないとしようさ。
ヒロインひたすら秘密厳守だし。

どう考えても許せないのは、二人の想いが膨れ上がってベッドインしたすぐ後に三度目の候補地買収失敗の報告を受けて、“やっぱり彼女がスパイだったのか”ってまだ疑ってるってところ

ちなみにヒーロー、ほとんど終わり近くまでヒロインを疑ってます。
有り得ん
こんなヒーロー、やだ

読んでる途中で犯人っていうかオチっていうかわかったんだけど、その彼がそんなことするにはキャラが合ってない気がするし。

読後、ヒーローのせいでイラッとされられたので、ヒーロー兄妹の作品があるかもって最初気になっていたんだけど、保留です。

この作品は二度と読まない

お気に入り度★(電子書籍)
ホントは★も付けたくないデス。

☆『恋に落ちたプレイボーイ』のあらすじ☆

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★ 電子書籍 シルエット・スペシャル・エディション

『天使の影』
天使の影 (シルエット・スペシャル・エディション)天使の影 (シルエット・スペシャル・エディション)
(1997/11)
ブリタニー・ヤング

商品詳細を見る


この作品はコミックで読んだことがあったんだけど、てっきりMIRA文庫だと思ってた。じゃなかったら、ラブストリーム。

スゴイ!のひと言。なにがって、ヒロイン双子の妹のどこまでも歪んだ性格の悪さ。
百歩ゆずってヒロイン妹は精神喪失疾患があったのかもしれない(絶対そうだ!!)って想像したとしても、自分と同じ顔が存在するってことが許せないからって亡き者にしようなんて思うかな。それも何度も・・・第一、脅迫までしてヒーローと結婚しようとするなんて。
実際、世の中には仲の悪い兄弟・姉妹がいるだろうけど、嫌いなら離れてりゃいいんだろうし。
ヒロイン母もなんだかなぁって感じです。ヒロインのためとか愛しているからとか言っちゃって、ヒロイン妹と共謀してあんなことしちゃって・・・
でもね、これも当時ヒロインが若すぎたことや今後のこと考えて苦労をさせたくないって気持ちもわからんではないけど、お金もらっちゃダメでしょ。

あぁ、当人2人を忘れちゃいけない。ヒーローはじめのうちは疑心暗鬼でヒロインに冷たく当たるけど、すぐにヒロインの人となりをみてヒロイン双子の妹とは正反対だって気づいて愛し始めちゃうのよねぇ。ヒロインも妹の婚約者だからって気持ちを押しとめているけれど、愛してしまって罪悪感にさいなまれるの。そこンところが読んでて切ない~。

お気に入り度★★★★★ (図書館)

☆『天使の影』のあらすじ☆

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★★★★★ 図書館 シルエット・スペシャル・エディション

インフォメーション
☆『目を開けてキスして』感想掲載
5/11

☆『初恋にさよなら』感想掲載
5/10
いま何時?
プロフィール

れさぽん

Author:れさぽん
ロマンス小説が大好きで読書記録のつもりでブログを始めたばかりです。
温かい目で見守っていただけたらうれしいです。

上の画像はイラストレーターの小林さゆりさんの作品です(#^.^#)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログのカテゴリ
FC2カウンター
れさぽんタグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウントアップです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。