*All archives* |  *Admin*

2017/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『愛の季節 ベル・テールの男たちⅡ』
愛の季節―ベル・テールの男たち〈2〉 (シルエット・ディザイア)愛の季節―ベル・テールの男たち〈2〉 (シルエット・ディザイア)
(2001/12)
ビージェイ ジェイムズ

商品詳細を見る


ベル・テールの男たちシリーズ2話目。

前にも書いたと思うけど、このシリーズを最初に読んだのは4話目のケイド家三男がヒーローのお話でした。
その時にシリーズだと気付いて図書館で1話~3話を一気に借りてきたんです。

1話目がケイド家長男のお話だったし、ケイド家は美しい容姿の4兄弟がいるってコトでてっきりケイド家4兄弟のシリーズだと思い込んでおりました。

それで今回は兄弟のうちのだれかな~なんて本を開いてビックリ!?

ヒーロー、ケイド家の兄弟じゃな~い

ジェリコって誰よ~!?

・・・ってちょっとパニクッてしまいましたが、今回のヒーローはこのベル・テールという村の保安官デス。

このヒーロー、ケイド家兄弟とお友達。

さて、お話の内容ですが・・・

まだ若い時にヒロインとヒーローは秘かに結婚しますが、ある事件がきっかけで破綻、ヒロインは故郷を捨てて出ていく。18年後、仕事で成功したヒロインははからずも仕事によって故郷に行くことになった・・・

・・・あれ・・・あれれ・・・

・・・どこかで聞いたような・・・内容・・・

そうなんですよ~、1話目の『楽園にふたたび』のヒーローの大まかな境遇をそのまま今作のヒロインの境遇にしたててお話が進んでいくんです。←言い切っちゃってるし(^_^;)

1話目は13年で、2話目は18年ですか・・・長すぎだわっ!!

・・・またちょっと、取り乱してしまいましたが・・・

ヒーローのキャラも1作目と同じですね。ヒロインを身を案じるあまり故郷から離れて欲しいというヒーロー。

だ~か~ら~、アンタが守んないで誰が守るっていうのさ
男だったら自分の身で守らんかいっ!!!

また怒りの発作が・・・ヾ(;´▽`A``アセアセ

実際ねぇ、キライな設定じゃないんですよ。
ただ・・・やっぱり1話目の2番煎じのような気がして印象薄いです。

勢い込んで、続けて読んだのがマズかったかなぁ・・・残念。

というわけで評価低め・・・。

お気に入り度★★(図書館)

☆『愛の季節 ベル・テールの男たちⅡ』のあらすじ☆

スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★★ シルエット・ディザイア

『ボスとの秘密の一夜』
ボスとの秘密の一夜 (ハーレクイン・ロマンス)ボスとの秘密の一夜 (ハーレクイン・ロマンス)
(2012/03/30)
キャシー ウィリアムズ

商品詳細を見る


六年前、苦境に陥った時にヒロインの両親に手を差し伸べてもらった恩義から、ヒロインに職を世話するヒーロー。
でも、父親の死後に会社の危機を知り、がむしゃらに会社を立て直すことに猛進して成功したヒーローにとって、ヒロインの向上心のなさと、ぶかぶかの服装には我慢ならなかったようです。

服装はともかく、もともと園芸の事しか知らないヒロインに世話する職場が、自分の経営する金融会社ってどうなの
ヒーロー、経営者だしお金持ちだし顔が広いだろうし・・・
園芸に関係する何らかのツテがあってもいいんじゃないだろうか。

それはともかく・・・

世間知らずで田舎者のヒロインがデートをするって聞いて、気になりだすヒーロー。
でも最初は恩義を感じている人の娘がとんでもないことにならないように・・・程度の気持ちです。

が、ぶかぶかの服の下にナイスなバディが隠されてた事を知ってから欲望急上昇

まったく、男って・・・(笑)

結局ベッドインしちゃうワケですが、その後の会話のやり取りでプライドを守るために言ったヒロインの捨て台詞的な言葉がちょっと傲慢なヒーローにはいい薬だなって事で良かった。

ただ、作中のヒロインのキャラが好きかっていうと・・・ちょっと単純というか、世間知らずというか・・・まぁ、イマイチ好きなキャラではなかったかな。

ヒーローはヒロインにメロメロでしたね。

ラストはイマイチ盛り上がりに欠けるものの、もちろんハーレなのでハッピーエンド。

期待し過ぎていたせいか、ちょっとした喪失感を味わってしまった。

ということで、評価ちょっと低め


お気に入り度★★(電子書籍)

☆『ボスとの秘密の一夜』のあらすじ☆

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : 電子書籍 お気に入り度★★ ハーレクイン・ロマンス

『億万長者の花嫁』
億万長者の花嫁 (ハーレクイン・ロマンス)億万長者の花嫁 (ハーレクイン・ロマンス)
(2012/03/30)
キム ローレンス

商品詳細を見る


他にも感想書かなきゃならないのがあるけど、記憶が薄れていくとどうしても億劫になっていく(>_<)
とりあえず、今読んだ本ぐらいはちゃんと感想書かないとエンドレスで記憶が抜けていくぅ・・・と、いうコトで(^_^;)

これ読んだのって昨日なんだけど、読み終わったあと記憶に残ってるのが“欲望ムンムン”っていうのだけ
エロチックなシーンがいっぱいあるっていう意味ではなくて、この作品のヒーロー&ヒロインがお互いに対して欲望を感じまくってるの。
とくにヒロインが

ソレはソレでいいとは思うんだけど、他の部分の印象が薄いっていうか・・・。

ヒーローは傲慢度でいうとかなり低い方だし、ヒロインへの想いも早いうちから見え隠れしててわかりやすいし・・・。

ライバル女のイジワルもなんだか中途半端な感じ。

ヒーローが目が見えないっていう設定はちょっと目新しいけど、それも・・・ね・・・。

う~ん、好きな作家さんだけど・・・再読はないな。


お気に入り度★★(電子書籍)

☆『億万長者の花嫁』のあらすじ☆

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★★ 電子書籍 ハーレクイン・ロマンス

『ビンテージ・ラブ』
ビンテージ・ラブ (ハーレクイン文庫)ビンテージ・ラブ (ハーレクイン文庫)
(2011/11)
ルーシー ゴードン

商品詳細を見る


結構時間があいちゃったので、記憶をたどりつつ・・・

あらすじ内容に惹かれてこの作品を購入しました。

あらすじから、ヒーローは非情な男性なのかしらって思って読んだんだけど、これは・・・

なんて言ったら良いのか・・・

ひと言で言わせてもらうと、“子供” です

34歳にもなったいい大人なのに、『結婚なんかしたくな~い まだまだ自由でいたいもん』なんて

ある意味このヒーロー、トンデモ野郎です

この作品はサブタイトルに‘ヒーロー成長物語’とかつけたいぐらい

ヒロインは大人になりましたね。子供を産んで育てて大人にならざるを得なかったんでしょう。
でもそれが人生ってもの。

最初の別れもお互いがお互いの気持ちを深読みして結果、別れちゃったんだけど、きっとその時に結婚しても幸せにはなれなかったんじゃないかなぁ

ヒロイン、爆弾を抱えておりますが、ラスト、ヒーローの悲痛な祈りにちょっと同情しちゃいました。
ただ、読んでいて『えっ!!このままヒロイン死んじゃって終わりなパターンじゃないよね!(反転してください)』ってハラハラさせられましたが。

ヒーローのキャラが好みじゃなかったのが響いて、お気に入り度かなり低めです

お気に入り度★★(電子書籍)

☆『ビンテージ・ラブ』のあらすじ☆

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★★ 電子書籍 ハーレクイン文庫

『ひとりぼっちの狼』
ひとりぼっちの狼 (ハーレクイン・クラシックス)ひとりぼっちの狼 (ハーレクイン・クラシックス)
(2008/10)
エマ・ダーシー

商品詳細を見る

heart-line_edited-2.png
なかなか思うように“至福の読書タイム”が出来なくて、またまた
書き溜めていた作品の感想です 本読みた~い
heart-line_edited-2.png


この作品も、読んだのはイマージュ(I-1191)だったんだけど、画像が無いのでクラシックスを使いました。

裏表紙のあらすじだけ読んでると、ヒロインは十五年もヒーローの言葉をただ信じて待っていたが、意を決して会いにいったらちょっとも覚えていてくれなくて、そのうえ娼婦だと思われちゃったもんだから、自暴自棄になってそう思うんならその通りにふるまってやるぅ!ってキレちゃった・・・みたいな

でもさぁ、それがホントに十五年もよそ見もせずにヒーローを待っていたんだったとしたら、ヒーローが覚えていてくれななった 私のいままでの十五年っていったい…ってキレちゃうのもわからんでもないけど(やり方はまずかったかもしれないけど)当然、そうなったらヒロインはバージンなわけで。

…でも違うじゃん ヒロイン、バージンじゃないし、ちょっとは結婚考えた男がいたし。なんかどうなの まぁその男とはなんか違うって別れたんだけど。それでやっぱりヒーローの事が忘れられないって会いに来ちゃうんだけど、会ったら会ったでヒーローが忘れてしまっていたから逆ギレしちゃってベッドに行っちゃうのはどうよ

でもまぁ、そんなこと言ったらストーリーが成り立たないってのはわかるんだけど。
はっきり言って好きになれないキャラのヒロイン。逆ギレする意味がわかんない。
十五年はかなり長い年月だし、しかもヒロインは成長して容姿もすっかり変わっちゃったし、ヒーローだってヒロインの存在自体は覚えていても、ヒロインの成長した姿なんてわかるわけないじゃん

これがヒロイン、ほかの男には目もくれずひたすらヒーローを待ち続けていた(つまりバージン)んだったら、もっと感情移入して読めたんだけど、なんだかガッカリでした。

設定自体はキライじゃなかったのに

お気に入り度★★ (図書館)

☆『ひとりぼっちの狼』のあらすじ☆

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

tag : お気に入り度★★ 図書館 ハーレクイン・イマージュ

インフォメーション
☆『目を開けてキスして』感想掲載
5/11

☆『初恋にさよなら』感想掲載
5/10
いま何時?
プロフィール

れさぽん

Author:れさぽん
ロマンス小説が大好きで読書記録のつもりでブログを始めたばかりです。
温かい目で見守っていただけたらうれしいです。

上の画像はイラストレーターの小林さゆりさんの作品です(#^.^#)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログのカテゴリ
FC2カウンター
れさぽんタグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウントアップです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。